冬枯れの五勇山・国見岳を歩く
H26年11月23日(日) 快晴
メンバー:yamask会長・ひむかさん・おごじょさん・かわごえさん・ときさん・R


タイム:約7時間
8:35萱野登山口ー10:58五勇山ー12:30国見岳ー15:53萱野登山口


会長計画は一泊 私達(トキさんと)は日帰りで参加する
朝の暗いうちに家を出て米良から南郷村までひむか神話街道をクネクネと走って行く。
その途中に雲海が滝のように流れる幻想的な風景を見つけた
「え こんな風景気づかんのかい」 後ろを着いて走りながら トキさんとワーワー騒いでいたら
yamask車が停車
「気づいちょったのよ」 「凄いね」
朝もはよから曲がりくねった山道を走るのもこんな特典があって、
「なんのばちこんな夜道走るんじゃい」と思っていたがこれで帳消しにしよ。

帰路は普通に国道を選び紅葉を愛でながら安心の夜道で帰りました


雲海が美しい 早朝のご褒美です


白水の滝(露出が暗い時のままで)


水無川を渡渉中
昔はこの丸太橋は無く冷たい水に膝まで浸かって渡った記憶だけは鮮明に残ってます
しかしこの丸太が滑ってサーカスまがいの体勢に皆の失笑かいました


 
急登が続いてやっと五勇山に到着 


五勇山の展望所 いい眺めです


  
ブナ林のルート上から国見岳が見えてきましたが近いようで遠い
国見岳には沢山の登山者が我が物顔に騒いで 


阿蘇中岳の噴煙や普賢岳 360度の展望です


Top