ヤマボウシの群落を愛でに雲仙へ

H27年6月13・14日(土日) 雨時々曇り           民宿関荘泊・7000円 弁当500円
メンバー:fuku徊長・トキさん・ミチさん・R

高速道を松橋で下り高速船オーシャンアローで 一時間のところを30分で雲仙に着いた
久千部岳近辺の山にはヤマボウシの白い塊が点々と咲いて、カメラを構える人たちが
今年は裏年らしく 山を白く染める景色には遭遇しなかったが、白い塊に咲くヤマボウシは綺麗だった

6月13日(土) 曇り時々雨
鳥甲山(822)  タイム:約20分  山頂基部に鉄塔の立つ山
    
山頂の展望は殆んど無い   ここから久千部岳へ縦走路があるようだ  久千部岳牧場分岐より鳥甲山


久千部岳(1062.4)  タイム:約2時間40分
  12:50登山口ー14:03山頂ー15:09牧場分岐ー15:30牧場登山口
  

   
久千部岳山頂からヤマボウシを撮るメンバー     眼で見える感激が写りません  

  
牧場登山口に着きました                  


6月14日(日)  曇り時々雨
妙見岳(1333)・国見岳(1347)・普賢岳(1359)
タイム:約3時間40分
8:10仁田峠ー8:52妙見岳ー9:01妙見神社ー9:28国見岳ー10:02鬼人谷口ー10:11西の風穴ー10:21鬼人谷口・紅葉茶屋ー1049普賢岳ー11:32薊谷ー11:55仁田峠

  
雲の上に久千部岳  素晴らしい景色です


  
妙見岳は一部崩壊のため登れません 


  
国見岳山頂と平成新山とドウダンツツジ


  普賢岳山頂
西の風穴 昔この洞穴で蚕を育てていたという  残念ながらここから先へは進入禁止です

仁田峠まで降りて山頂を見上げれば雲の中  私達はほんとうにラッキーでした

Top