国東半島の奇岩の山々へ
H25年11月2・3・4日(金土日) 曇り雨晴れ
メンバー:山好クラブ7人


11月2日(土)晴れ後曇り
西叡山(571)往復約40分 

高山寺の裏山を登ると、晴れていたなら展望も良かろう西叡山に着く。
紅葉も一部か2部。
 国東ときたら紅葉と奇岩の山がセットみたいなとこがあって、今回はピークハントに徹するか!
そんなわけでもないが
ほとんどサブザックで登る

 尻付山(587)ハジカミ山(570)往復約2時間50分

この名前の由来は・・・きっとお尻を着くほどの急な登りと下り
想像道理の滑って降りたらよさそうな危ない下りの両山でした

尻付山 ハジカミ山の展望所
ああああ晴れてたらなあああ  あの山此の山  紅葉ももうちょっと綺麗なあ・・・・

11月3日(日)曇り後雨
文殊山(616)登り約1時間40分

国東半島2番目に高い山
階段を登って神社の脇よりルートを見つける。のっけから足場の悪い急斜面、だが登りつめたら巨岩の上へ。そこからはまだ空も明るく360度の展望、そして文殊山の急峻な山を見上げることに
  
今にも降りそうな山頂から国東一番の高い山、両子山が隣接するように望める
渋柿がたわわに実って数個頂いて下山しました


一望岩

 


ストーンサークルの猪群山(458) 往復約1時間30分
登山口から山頂まで階段を登る。 しょぼ降る雨に、気を抜いたら折れそうな気持を断ち切るように登る・
山頂は落ち葉が敷き詰められた、霧に煙る幽玄の世界。 一気に登って 此の景色はすばらしい


Top